戦力的プロ野球12球団戦力分析

戦力的プロ野球12球団戦力分析とは?

投手力、打撃力、守備力、走力、選手層、采配の6部門に分け、当サイト独自に採点したのが戦力的プロ野球12球団戦力分析です。

中には疑問に思われる採点もあるかと思いますが、あくまで楽しむ為の一つの指標としてご覧頂けると嬉しいです。

2008 セ・リーグ・ペナントレース予想

阪神が開幕ダッシュに成功した一方、優勝候補の巨人、中日が低迷。

その後、新井の離脱などで阪神が失速、本来の力を発揮した巨人が猛追して、現状の戦力では巨人が上でしょう。

また、3位争いも混沌しており、中日、広島、ヤクルトの三つ巴となりそうです。

セリーグ戦力分析表
順位 チーム 総合点 投手 打撃 守備 走力 選手層 采配
1 読売 83.7+α
(+2.4)
81.9 82.5 D C A C
2 阪神 82.8+α
(+0.8)
83.8 78.8 C D B B
3 広島 80.8+α
(+7.4)
77.5 78.1 C B D B
4 中日 80.2+α
(-1.1)
80 74.4 C C C A
5 ヤクルト 79.6+α
(+8.9)
78.1 75 C A D B
6 横浜 63.8+α
(-8.8)
68.8 73.8 D E E C

2008 パ・リーグ・ペナントレース予想

圧倒的な打線を武器に首位独走の西武。

一方で、優勝候補であった日本ハム、ロッテ、ソフトバンクが低迷し、2位、3位争いが混沌としています。

そんな中、監督交代したオリックスが台風の目に

クライマックスシリーズ争いに、生まれ変わったオリックスが加わり、大激戦が最後まで展開されそうです。

パリーグ戦力分析
順位 チーム 総合点 投手 打撃 守備 走力 選手層 采配
1 西武 82.7+α
(+2.3)
76.9 79.4 C A C B
2 オリックス 80.5+α
(+9.1)
77.5 77.5 C C B B
2 ソフトバンク 79.5+α
(-1.0)
78.1 71.9 C B B B
4 ロッテ 78.4+α
(-2.1)
74.4 76.3 B C C B
5 日本ハム 77.8+α
(-3.5)
79.4 70.1 B B C B
6 楽天 73.8+α
(+0.4)
74.4 73.1 D B E A