2007 ドラフト結果

2007年高校生ドラフト総括

2007年高校生ドラフトは、仙台育英高・佐藤由規投手、大阪桐蔭高・中田翔選手、成田高・唐川侑己投手のビック3に集中。
佐藤投手には、ヤクルト、楽天、横浜、中日、読売の5球団、中田選手には、オリックス、阪神、ソフトバンク、日本ハムの4球団、唐川投手には広島、ロッテの2球団が入札しました。

佐藤投手は東京ヤクルト、中田選手には北海道日本ハム、唐川投手には千葉ロッテが交渉権を獲得し、今後の中心選手となるべき逸材を得る事が出来ました。

「母を楽にさせたい」とどこの球団でも喜んで行くと公言する中田選手、会見中、家族への感謝から涙を流す佐藤投手。

江川や元木、小池らのように、ゴネる選手も多い中、プロ野球選手になることが目的で素直に結果を受け入れる姿を見て、清清しささえ覚えました。

将来のメジャー入りの関係もあるかもしれませんが、自身の希望を押し通す事をせずに本来の目的であろうプロ野球入りを喜ぶ高校生たちの姿はきっと彼らがこれからのプロ野球を背負ってくれる人間であると思います。

2007年大学社会人ドラフト総括

2007年大学社会人ドラフトも、高校生ドラフトと同様に東洋大・大場翔太投手、愛知学院大・長谷部康平投手、慶応義塾大・加藤幹典投手のビックスリーに12球団が入札しました。

大場投手にはオリックス、横浜、福岡ソフトバンク、阪神、北海道日本ハム、読売の6球団、長谷部投手には西武、広島東洋、東北楽天、千葉ロッテ、中日の5球団が入札。

加藤投手も競合の可能性がありましたが、ヤクルトが一本釣りに成功し、高校生ドラフトで獲得した佐藤投手と共に12球団で唯一、高校生、大学生のビック3の両取りを実現しました。

ドラフト指名とは直接は関係ない話ですが、大学・社会人共に、高校生同様12球団のどこに指名されても喜んで行くと公言する選手が多く、これまでの悪しき光景が見られなかったことはとても嬉しい出来事に感じました。

e87.com(株式会社千趣会イイハナ)