2008 ドラフト結果

2008年ドラフト総括1

2008年ドラフトは、新日本石油・田澤純一投手のメジャー挑戦表明や進学されると思われた東海大相模高・大田泰示内野手の突然のプロ志望届の提出など様々な出来事に翻弄されました。

東海大相模高・大田選手は一時、5、6球団競合と言われていましたが、蓋を開けてみれば福岡ソフトバンクと巨人の2球団のみの指名。
大田選手は憧れの原監督に当選クジを引かれ、希望の巨人が交渉権を獲得しました。

その煽りを受けたのが、ホンダ・長野久義外野手。
大田選手が進学を表明した段階では1位指名の可能性もあったものの、結果は千葉ロッテの2位指名。

2年前、熱望していた巨人からではなく、北海道日本ハムからの4巡目指名を拒否して社会人野球した思いは成就しませんでした。

しかし、ホンダでの経験はきっとプラスに働いているはずなので、早くプロでのプレーを見てみたいというファンとしての思い、ドラフトの意義の面からもロッテに入団して欲しいと思います。

2008年ドラフト総括2

安全策を取り、大田選手を回避した球団の一部では他の選手で競合。

早稲田大・松本啓二朗外野手には横浜と阪神、日本通運・野本圭外野手には東北楽天と中日の指名が重複しました。

松本外野手は横浜、野本外野手は中日が引き当てましたが、外れ1位でも、東北楽天と阪神の指名がNTT西日本・藤原紘通投手に重複。

藤原投手の交渉権は東北楽天が獲得しましたが、外した阪神のドラフト戦略は大きく崩れました。

松本外野手の獲得失敗により、2位は国際武道大・柴田講平外野手を指名。
松本外野手を獲得していれば、おそらく柴田外野手は下位指名あるいは指名を回避していたと思われるので、今ドラフトで最も計算が狂った球団だったと言えるでしょう。

2008年ドラフト総括3

今ドラフトで一番意外であったのが、ビック3の一角と目されていた近畿大・巽真悟投手の1位指名球団がなかったことでしょう。

当初、指名が有力視されていた福岡ソフトバンクは大田選手に方針転換し、埼玉西武と横浜の2球団に指名の可能性が報道されていました。

横浜は、松本外野手への指名も有力であったのでそれほど意外性はありませんでしたが、埼玉西武がまさか日南学園高・中崎雄太投手を指名してくるとは全く予想外でした。

独自のドラフト戦略で数々の成功を導き出してきた西武ですが、単独指名の高かった巽投手を回避したのは、他の球団との競合を恐れてなのか、中崎投手獲得の為の情報戦だったのか理由が気になります。

結果、巽投手は単独の外れ1位で福岡ソフトバンクが交渉権を獲得。
福岡ソフトバンクとしては、満足のいくドラフトとなりました。