2008 ドラフト情報

2008 ドラフトが10月30日開催されました。

分離ドラフトから高校生と大学・社会人合同の統一ドラフトが復活した今回のドラフト。
戦力の均等を図る上でも、適正に近づいたと言えると思います。

結果、総括はドラフト結果のページで行っておりますので、ぜひご覧下さい。

2008 ドラフト総括・結果
デル株式会社

2008 プロ指名志望届提出者一覧

今年から、大学生も対象となった志望届提出が10月15日受付を終了しました。
提出者名は以下のページからどうぞ

2008年ドラフト展望

2008年ドラフトは去年ほど突出した選手は少ないものの投手に高いレベルの選手が集まりました。

高校生では、報徳学園・近田怜王投手、岐阜城北・伊藤準規投手、宮崎商・赤川克紀投手、浦添商・伊波翔悟投手らに注目。

大学生では、近大・巽真悟投手を中心に、法大・小松剛投手、亜大・鶴川将吾投手、青学大・井上雄介投手、関西国際大・榊原諒投手らが、社会人では、昨年も候補に挙がった新日本石油・田澤純一投手や東京ガス・木村雄太投手らが上位候補となっています。

野手は目玉になる選手が少ないですが、高校生では、東海大相模・大田泰示遊撃手に注目。

大学生では、東洋大・大野奨太捕手や早大・上本博紀二塁手、松本啓二朗外野手、亜大・岩本貴裕外野手らが、社会人では、2年前、日本ハムからのドラフト指名を拒否してホンダに進んだ長野久義外野手らの評価が高くなっています。

2008ドラフト候補ページへ

2008年ドラフト制度について

2008年のドラフト会議は、高校と大学・社会人の分離ドラフトが改定され、一本化。
高校、大学、社会人を合わせた入札クジ引き制で行われる事になりました。

Fa制度導入前の制度に戻り、この形が一番、戦力均衡、選手の進路の意向、契約金の抑制などの問題を緩和してくれるものではないでしょうか。

ドラフト情報