2008 FA情報

2008年度Fa資格83選手を公示

コミッショナー事務局は27日、Fa資格選手を公示しました。

今年から国内移籍に限り1年短縮され8年となり、チーム年俸毎にA、B、Cの3つのランクに分けられました。

Fa宣言選手は7人。

Aランクが上原浩治(読売)、川上憲伸(中日)、三浦大輔(横浜)、Bランクが高橋建(広島)、相川亮二(横浜)、Cランクが野口寿浩(阪神)、中村紀洋(中日)となっています。

2008年度 Fa資格83選手名簿一覧

Pr

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

おすすめの爪水虫用塗り薬「Dr.G's クリアネイル」はコチラ

手数料無料、スプレッドは1銭から、レバレッジ400倍選択可能、「みんなのFX」

2008 FAの流れ

2008 FA選手の交渉までの流れ

フリーエージェントを希望する選手は日本シリーズが終了した翌日から土、日、祝日を除く7日間以内に在籍球団に行使の意思を表明。

上記期間を経過した翌日にFA宣言選手として公示され、翌日から旧球団を含んだ球団と交渉が出来るようになります。

今シーズンより、出場試合数が8年に達した時は国内球団のみ移籍できる「国内FA」となる資格を創設。
海外への移籍が認められる従来のFAはこれまで通り9年となります。

また、各球団の年俸順によってA、B、Cにランク付され、Aは上位3位、Bは4〜10位、Cは11位以下となっています。

Aランクは年俸の80%または人的補償+50%を、Bランクは年俸の60%または人的補償+40%を前所属球団に補償し、Cランクは補償なしとなっています。

過去のFA情報