浜中外野手、吉野投手(阪神)⇔平野恵内野手、阿部健投手(オリックス)2対2のトレード

浜中(背番号7)、吉野(背番号48)、平野恵(背番号5)、阿部健(背番号56)

11月26日、阪神とオリックスは浜中治外野手、吉野誠投手と平野恵一内野手、阿部健太投手の2対2の交換トレードが成立したことを発表しました。

長距離砲の獲得を目指していたオリックスが浜中選手とのトレードを持ちかけ、阪神は内外野を守れて足のある平野選手の獲得を希望。
その後、吉野投手、阿部健投手を合わせる形となりました。

浜中選手は一時はチームの4番を打ったスラッガー。
人気、実力を兼ね備えている逸材であったが、右肩のケガで思うような活躍は出来なかった。

吉野投手は、優勝した2003年に中継ぎ左腕としてフル回転の活躍をしたが、その後、故障などの影響で思うような成績を上げていない。

平野恵選手は小柄ながら、俊足巧打のユーティリティープレーヤー。

阿部健投手は高卒一年目から勝ち星を挙げ期待されていたが、伸び悩んでいる右腕。

Pr

育毛サプリメント[ダブルインパクト]

無料で恋人候補データをご紹介!

おいしい水の宅配サービス アクアクララ

新日本石油ENEOSカード入会
icon